2020年、新年明けましておめでとうございます。​
ご贔屓さまに、心より感謝を申し上げると共に、新年のご挨拶を申し上げます。

神戸の地で、「日本料理しげ松」を開店して、39年の節目の年を終えました。
「バッカスビル」に移転し、27年。神戸大震災の折は、移転1年目の出来事。
神戸の全ての人々が、この惨事に、歯を食いしばって生き、前を向くのに必死でした。
私達も同様・・ それでもあっという間の27年間でした。
昨年末で「バッカスビル」を離れ、令和2年、40年目は、私達二人の最終店の「割烹」を、
春には、開店する予定です。
閉店発表後、連日の激励を賜り、ご来店頂き、お席がご用意できない程の日々。
そして、、「おせち料理」控えての従業員の頑張り。
私達は、本当に幸せもの・・日を追うごとに感謝が深まる新年です。
​まずは、バッカスの片づけとともに、新店舗探しをしていこうと思っています。

これからの「展開」は、手探り。39年前に産んだ「しげ松」開店折の、初心に戻り、
シンプルいずベスト の、料理信念を曲げることなく、
少しづづ前進して参ります。
再開の折には、変わらずのお引き立て、宜しくお願い致します。
皆様のお力をお借りしながら、春までの暫しの間、
次への充電をし、お会いできる日を、楽しみに過ごして参ります。
​私達の小さな割烹が「近し夢」に、なりますよう、
これから過ごす日々を大切に・・・・。

日本料理しげ松
  店主 重松 良三
​  女将 重松 元子